アトピー広場

8*なぜアトピー性皮膚炎になるの?

8*なぜアトピー性皮膚炎になるの?

2015年05月18日
アトピー性皮膚炎を引き起こす原因としては大きく2つに分けられます
1つめは、遺伝因子(体質)
2つめは、環境因子 です。

1、遺伝因子って?
もともと皮膚のバリア機能(さまざまな異物が身体の中に入ってくるのを防いだり、水分の蒸発を防ぐ皮膚の働きのこと)が弱く、セラミド(保湿機能をもつ脂質)の量が少ないので皮膚が刺激を受けやすく、細菌などの異物が侵入しやすい状態になっています。

2、環境因子って?
アレルギーを引き起こす、もとになるもの.▲譽襯殴鵑
症状を悪化させる原因となる悪化因子 があります
(アレルゲン)
ダニ・ハウスダスト・食べ物(卵、牛乳、大豆、小麦、米など)、ペット、カビ、細菌など
※人によって原因となるアレルゲンは異なります
(悪化因子)
・かいて皮膚を傷つけること
・発汗、皮膚の汚れを放置すること
・乾燥
・衣類の刺激
・石けん、洗剤、シャンプー、リンスなどのすすぎ残し
・強い日光
・精神的緊張、ストレスなど


アトピー性皮膚炎はもともと「遺伝因子」のあるところに「環境因子」が加わって発症し、悪化するといわれています。

ですので、
「悪化因子」に注意し、皮膚内にアレルゲンや細菌などの異物が侵入しないように、赤ちゃんの頃から保湿などのスキンケアをしっかり行って皮膚のバリア機能を正常に保ち、湿疹がある場合は早く皮膚を治してバリア機能を回復させることが大切です


20150722144254.jpg